カード・ローン

キャッシングのデメリットとは?利用の注意点や借り過ぎへの対処法

海外でも利用できるキャッシングは利用者も多く、クレジットカードに付帯している場合もあるため身近な存在です。でもキャッシングはお金を借りる行為であることを忘れると、借り過ぎてしまう可能性もあります。

そこで、この記事では便利なキャッシングについてデメリットの視点から解説します。借り過ぎてしまった場合の対処法も併せて紹介しますので、ぜひご参考ください。

便利なキャッシングにデメリットはあるの?

気軽にお金を調達できるキャッシングはメリットが大きいように感じます。一方でデメリットがあることも忘れてはいけません。便利なキャッシングのデメリットとはどのような点が挙げられるでしょうか。

1.便利なため借り過ぎてしまう

コンビニや消費者金融の専門コーナーなどでお金をすぐに引き出せるキャッシングは、ちょっと手持ちのお金が少ないときに気軽に調達ができるので大変便利です。

しかし、その便利さはデメリットとも言えます。気軽にキャッシングを繰り返してしまう人は多いのです。借りたお金には利息が発生するため、気が付くと思っていたよりも高額の借金を抱えている場合があります。

2.カードローンより利息が高い

手軽さが売りとなっているキャッシングは、実はカードローンと比べると利息が高めに設定されています。キャッシングの利用頻度が高い場合には、その分高額の利息を返済する必要があります。

例としてある銀行系キャッシング会社を見てみると、キャッシングの利息は年15%~18%です。一方カードローンは1.5%~15%の範囲で用意されています。お得に借りたい場合には、キャッシングは損をしてしまうのです。

3.リボ払いの返済で借金が増えることも

キャッシングの返済に追われ始めると、返済方法を翌月払いではなくリボ払いを選びがちです。リボ払いの返済を選ぶと返済額は減りますが、返済回数が延びるため利息が増えます。

手軽さゆえにキャッシングの回数を重ね、返済をリボ払いにしてしまうと数万から始めた借入がどんどん増えていってしまうので注意が必要です。

キャッシングにはどんな種類があるの?特徴もあわせて解説

キャッシングのデメリットについて解説しましたが、広告やクレジットカードで見かけるキャッシングには一体どんな種類があるのでしょうか。下記2つの利用方法を知り、自分に合った使い方を模索しましょう。

1.クレジットカードのキャッシング

キャッシングの中でも手頃さもあって普及している方法はクレジットカードのキャッシング機能です。クレジットカードの申込時に希望する、あるいは契約途中でも希望をすれば追加機能として付帯されます。

クレジットカードのキャッシングは海外旅行でも使えるので大変便利です。一方で利息は高めに設定されています。キャッシングを多用するとクレジットカードの利用金額は減る仕組みが導入されています。

2.カードローン

現金を借りるカードローンも定義上はキャッシングに該当します。但し、クレジットカードの機能はないので、ショッピング時の支払いにはカードを使用できません。

カードローンはお金を借りるための機能のみに特化しており、融資として捉えると良いでしょう。審査時には住宅ローンのように使用用途が制限されることはありません。貸金業者や銀行が多く参入しているキャッシング方法です。

キャッシングの返済が遅れるとどうなる?借金のリスクを解説

キャッシングは便利といっても返済ができなければリスクとなります。では、キャッシングの返済が遅延した場合にはどんなリスクが待ち受けるのでしょうか。お金を借りる前に、まずはリスクを学びましょう。

1.督促の電話や通知が行われる

キャッシングの返済が遅れると、借入先から督促が行われるようになります。督促は契約時に登録を行った電話やメールに行われる他、自宅には督促状が届くようになります。

督促は借りた側の都合に併せて行ってくれるものではありません。勤務中にスマートフォンが鳴ったり、自宅に督促状が届くことで家族や勤務先などに借金があることが知られる可能性があります。

2.ブラックリストに登録される

キャッシングの返済が遅れたまま放置してしまうと、ブラックリストに登録されます。ブラックリストとは「信用情報機関」のことです。登録がなされるとクレジットカードが停止されるなど生活に大きく影響します。

ブラックリストへの登録の目安は3か月以上の返済遅延とされています。しかし、3か月未満の遅延であっても複数回の返済遅延が繰り返されるとクレジットカードのキャッシングの場合は次に挙げる途上与信に影響してしまいます。

3.途上与信に影響する

途上与信とはクレジットカードの契約期間の途中で行われる審査のことです。キャッシング枠を利用時には貸金業法の定めにより「法廷途上与信」というものが厳しく行われています。

途上与信で問題のある契約者であると認められてしまった場合、クレジットカードの利用が制限されたり、解約されたりすることがあります。

4.必要なローンが組めなくなる

キャッシングの返済が遅延していたり、使途不明な借入が多い状況が続いていると、必要なローンが組めなくなる可能性があります。特に住宅ローンは利息が安く設定されている分、審査は厳しいため注意が必要です。

ブラックリストには登録されていなくても、遅延行為が続いていたりローンの申し込み時に虚偽の借入額を伝えてしまうとローンが組めないことがあります。必要なローンを組みたい場合には、遅延行為は厳禁です。

キャッシングを借り過ぎた場合の対処法とは?

キャッシングで借り過ぎてしまい、借金に苦しんでいる場合にはどんな対処法があるでしょうか。次の3つの対処法を実践してみましょう。

1.一括返済を行う

キャッシングを借り過ぎた場合、利息もその分膨らんでしまいます。すると借金の総額がどんどん増えてしまうので、一括返済を目指すことがおすすめです。

一気に返済を行うのは生活に負担はありますが、早期に借金を解決する方法です。ボーナスなどの機会を狙って一気に返済をしましょう。

2.返済先を1つにまとめる

手持ちの資金では一括返済ができない、多重債務がある場合には、1つの返済先にまとめることが大切です。1か所にまとめることで利息を減らすことができます。

この方法は「おまとめローン」とも呼ばれており、借り換えを行う手法です。しかし、すでに多重債務が悪化している場合には審査に落ちる可能性があるので注意が必要です。

3.債務整理を行う

すでにキャッシングを含めて多重債務に苦しんでいる場合には、債務整理を検討することも1つの選択肢です。債務整理とは弁護士や司法書士に依頼をして借金を整理する方法です。

債務整理には任意整理・個人再生・過払い金の3つの方法が挙げられます。どの方法を選んでもブラックリストに載るなどのリスクはありますが、借金が減額されるか、なくなるというメリットがあります。

債務整理とはどんな方法?キャッシングの悩みを解決!

 

債務整理の方法は3つあります。この項では任意整理・個人再生・自己破産について簡潔に紹介します。

1.任意整理

任意整理は弁護士や司法書士が債権者に対して将来の利息のカットなどの交渉を行う方法です。裁判所を介さない方法のため、割安で依頼ができます。借金の減額はできなくても返済金額を減らして、長期返済をお願いすることも可能です。

2.個人再生

個人再生とは裁判所に借金の大幅減額を認可してもらう方法です。住宅を残すために自己破産を避けたい人が選ぶことが多い方法です。裁判所によっては再生委員が選任されるため、長期化する傾向があります。

3.自己破産

自己破産とは返済不能が裁判所に認められると免責許可が下り、借金がなくなる方法です。非常に効力の強い方法ですが、一定期間就労できない職種もあります。

借金が苦しい…そんな時は弁護士や司法書士の法的アドバイスを受けましょう

この記事ではキャッシングのデメリットを中心に解説しました。便利さゆえ借入が増えてしまい、借金に苦しんでいませんか。一人で悩んでいても借金はなかなか解決には至りません。早めの法律相談で解決の糸口を探しましょう。

借金の相談に関しては債務整理を中心に実績のある弁護士や司法書士を選ぶことがおすすめです。前向きに借金問題を解決し、心の重荷を下ろしませんか。

「借金返済.com」がおすすめする事務所

弁護士法人きわみ事務所

弁護士法人きわみ事務所 増山晋哉

月4,000件の相談実績!過払金の回収実績は7億円にも!

実力のある法律事務所の特徴とは、交渉力があり、依頼者を徹底サポートできる十分な人員がいて、安心して任せられる仕組みがあること。
その特徴をしっかりとおさえた事務所こそ弁護士法人きわみ事務所。圧倒的な実力で借金の相談実績が月4,000件!累計の過払い金回収金額は累計7億円!
過払い金請求に必要な経験に基づいた知識と圧倒的な交渉力で、多くの過払い金を取り戻すお手伝いをしてくれます。

司法書士法人さくら事務所

司法書士法人さくら事務所 坂本孝文

お客様の気持ちを最優先に考えた親身なサポート!

過払い金請求・債務整理など借金問題にお悩みの方はひとりで抱え込んでしまう方がほとんど。
司法書士法人さくら事務所なら、家族にバレたくない、誰にも相談できない、など不安なお客様の気持ちを受け止め、お客様の要望を最優先に考え業務をおこなっているため、安心してすべてお話しできます。
さまざまな悩みを抱えたお客様の相談をお聞きし、解決のためにサポートをしてきたさくら事務所だから、気軽に相談が可能です。

司法書士法人杉山事務所

司法書士法人杉山事務所 杉山一穂

着手金0円で過払い金が戻ってくる!

書店で最も売れているビジネス週刊誌といわれている「週刊ダイヤモンド誌」でも取り上げられた司法書士事務所!消費者金融が恐れる司法書士NO.1と評されるほどの実力。
紹介事務所は東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌など全国に8ヶ所あり、無料で出張相談も行っています。メール相談のみの利用もOKだから、過払い金があるかどうか、気軽に相談できます。