カード・ローン

リボ払いはどうしてやばい?借金が増えてしまう理由と対処法とは

一見便利そうに見えるリボ払いですが、リボ払いを利用している方の多くが、「返済しても借金が減らない」ことに悩んでいます。近年利用者の拡大と共にトラブルも急増しています。多くの人が「リボ払いはやばい」「リボ払いは絶対にやめておけ」と口をそろえていっている理由とは一体なんなのでしょうか。

以下では、リボ払いを使用した際の落とし穴だけでなく、既にリボ払いで支払いが膨らんでしまった方へ向け、そうなった場合の対処方法なども解説します。

リボ払いはココがやばい!リボ払いのデメリットやトラブルとは

リボ払いとは、クレジットカードを利用して決済を行った際の支払い方法の1つです。リボ払いを利用すると、カードを使いすぎてしまったときにも、毎月の返済額を数千円程度と低額に抑えることができます。返済額が一定なので一見お財布に優しい返済方法に感じるのですが、実は高金利を上乗せされているのでとても”やばい”方法です。以下では、リボ払いにおける3つのデメリットを解説します。

リボ払いにおける3つのやばいデメリット

①高金利を請求される

リボ払いのデメリットの1つ目は、高金利を請求される点です。リボ払いには手数料と呼ばれる利息が発生し、一般的に15.00%の金利が設定されています。実はこの金利、かなり高めに設定されているのです。住宅ローンが1.5~2%程度であることと比べると驚くべき差です。例えば10万のショッピングを月々2000円のリボ払いにすると、返済回数は50回にもおよび利息は31,875円も発生します。

②返済の長期化

リボ払いのデメリットの2つ目は、返済の長期化です。リボ払いの魅力は返済金額が定額かつ低額で行える点ですが、毎月数千円程度の返済で高額のショッピングができるので、お金を使いすぎたという罪悪感なく、ついつい利用しすぎてしまいます。しかし、その結果として数十回にもおよぶ返済を続けていくのですから、何年にも渡る返済を背負うことになるのです。

③借金総額がわからなくなる

リボ払いのデメリット3つ目は、借金総額がわからなくなることです。毎月定額の返済を続けていると、借金の残高がわからなくなるのです。また、月々数千円程度の返済は負担を感じにくいので、新たな借入をしてしまう人が後を絶ちません。するといつの間にか”やばい”といえないほどに借金が膨れ上がってしまうのです。

リボ払いを知らない間に利用してしまうトラブルとは

リボ払いに関するやばいデメリットは周知されているのですが、それでもリボ払いに悩まされる人は後を絶ちません。では、どうして分割払いという方法もあるのに、リボ払いを利用する人は多いのでしょうか。

リボ払いに関するトラブルの中には「いつの間にかリボ払いになっていた」という相談が多いのです。一括払いや分割払いにしていたつもりが、いつの間にかリボ払いになっていた方がいます。これはクレジットカード会社との契約の際に、「自動リボ払い」を選択していたり、「契約時の初期設定がリボ払い」になっていることがあるからです。

リボ払いでの返済をしていないか確認をするためにも、毎月の返済額や返済方法についてはこまめにチェックするようにしましょう。特にご利用明細書がペーパーレスになっている最近のクレジットカードの契約は、リボ払いを見落とすケースが散見されます。やばい返済に陥らないように、自己防衛をすることも大切です。

リボ払いで膨らんだやばい借金を返済する方法とは

もしも既にリボ払いの契約で、返済に悩まされている場合は早急に解決に向けて動く必要があります。長期返済を防ぎ、やばい借金地獄に陥らないようにするためにも、紹介する次の2つの解決方法を知っておきましょう。

①一括返済を行う

リボ払いの返済を早急に終えるためには、「一括返済」を目指しましょう。借金の残高を確認し、一括返済をしてしまえば借金から解放されます。利息も支払わなくて良くなります。

リボ払いの一括返済にはメリットもあります。ご利用限度額が元に戻るのです。新たに分割払いを行いたい時や、海外旅行の際に現地でキャッシングする際にも利用枠が元の金額に戻るので便利です。

②繰り上げ返済を行う

一括返済は辛いけど、リボ払いから解放されたい場合には、「繰り上げ返済」という方法もあります。一気に残額を支払うことが難しくても、月々の返済額を上げればその分リボ払いから早く解放されます。

毎月のリボ払い返済額を変更する際には、各クレジットカード会社に問い合わせを行い、「お支払金額の変更」を行いましょう。ボーナス時に一括返済を目指して、月々の返済額は少しでも上げる、という方法もおすすめです。

リボ払いで生活が圧迫されている場合、債務整理を検討しよう

リボ払いやその他の借金の総額が、既に高額化している場合にはどうすれば良いでしょうか。一括返済も繰り上げ返済も難しい場合でも、借金の解決方法はあります。その方法とは、債務整理です。返済がすでに滞っていても法律家に相談を行えば解決できます。

まずは任意整理から検討しよう

リボ払いの返済に悩んだら、任意整理を検討することから始めましょう。任意整理とは債務整理の方法の1つです。債務整理には任意整理の他に、個人再生と自己破産がありますが、任意整理は費用負担も安く、裁判所に申立する必要もありません。

任意整理は将来の利息をカットする交渉を司法書士や弁護士が行います。返済を続ける必要がありますが、大幅に減額されるので、返済を目指しやすくなります。また、とても古いリボ払いの契約の返済を続けていた場合、過払い金がある可能性もあります。返済から解放され、過払い金が返金される可能性もあるのです。

自己破産や個人再生も解決方法の1つ

任意再生を行える人は、収入が安定しており、利息をカットすれば返済が無事に終えられそうな人、という条件があります。既に借金が収入を大幅に上回っている場合には任意整理が出来ません。

任意整理が出来なくても、やばいリボ払いを解決する方法はまだ残されています。自己破産や個人再生、という方法です。これらは裁判所に申立を行う債務整理の方法です。自己破産は借金がゼロになりますし、個人再生なら任意整理以上の大幅な借金の減額が出来ます。

やばい!リボ払いに悩んだら、司法書士や弁護士に相談しよう

リボ払いは上手に付き合えば便利な返済方法なのですが、いつの間にか高額の借金を抱えてしまうケースも後を絶ちません。返済に悩んだり、長期間返済していても一向に返済が終わらない場合は、法律家に相談し現状を客観的に見つめることがおすすめです。

リボ払い以外にも多数の借金があり、返済に追われている場合には債務整理も選択肢の1つです。任意整理や自己破産など、あなたに合った方法で借金の整理が可能です。過払い金の可能性もあるので、やばい!と思ったらまずは司法書士や弁護士に相談をしましょう。

「借金返済.com」がおすすめする事務所

弁護士法人きわみ事務所

弁護士法人きわみ事務所 増山晋哉

月4,000件の相談実績!過払金の回収実績は7億円にも!

実力のある法律事務所の特徴とは、交渉力があり、依頼者を徹底サポートできる十分な人員がいて、安心して任せられる仕組みがあること。
その特徴をしっかりとおさえた事務所こそ弁護士法人きわみ事務所。圧倒的な実力で借金の相談実績が月4,000件!累計の過払い金回収金額は累計7億円!
過払い金請求に必要な経験に基づいた知識と圧倒的な交渉力で、多くの過払い金を取り戻すお手伝いをしてくれます。

司法書士法人さくら事務所

司法書士法人さくら事務所 坂本孝文

お客様の気持ちを最優先に考えた親身なサポート!

過払い金請求・債務整理など借金問題にお悩みの方はひとりで抱え込んでしまう方がほとんど。
司法書士法人さくら事務所なら、家族にバレたくない、誰にも相談できない、など不安なお客様の気持ちを受け止め、お客様の要望を最優先に考え業務をおこなっているため、安心してすべてお話しできます。
さまざまな悩みを抱えたお客様の相談をお聞きし、解決のためにサポートをしてきたさくら事務所だから、気軽に相談が可能です。

司法書士法人杉山事務所

司法書士法人杉山事務所 杉山一穂

着手金0円で過払い金が戻ってくる!

書店で最も売れているビジネス週刊誌といわれている「週刊ダイヤモンド誌」でも取り上げられた司法書士事務所!消費者金融が恐れる司法書士NO.1と評されるほどの実力。
紹介事務所は東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌など全国に8ヶ所あり、無料で出張相談も行っています。メール相談のみの利用もOKだから、過払い金があるかどうか、気軽に相談できます。