借金

繰り返す借金で気づけば多重債務に?多重債務の基本的な知識を解説

「借金を繰り返しているうちに、借り入れ先や借り入れ額が膨らんでしまった…」といった多重債務による悩みを抱えていませんか?

借金を借金で返すといったことを繰り返していると、更なる借金地獄に陥るリスクがあります。無計画に借金を返済していて、借金が膨らんでいる状況であれば、その状況から抜け出す手立てを打つことが大切です。

多重債務に陥る原因やリスクを解説したうえで、多重債務から脱却する方法を紹介していきます。

多重債務の基本

多重債務とは

多重債務とは、消費者金融やクレジットカード会社といった複数の貸金業者から借金をして、返済が困難になっていることをいいます。

多重債務に陥るのは、借金を返すためにほかの貸金業者からの借金で返していくことが主な要因です。

貸金業者からお金を借りると、毎月、利息をつけて返済していくため、借金を返すためにお金を借りることを繰り返していると、借金は雪だるま式に増えていきます。

そして、借金が増えて借り入れ限度額に達してしまい、借金を返すためにほかの貸金業者から借り入れをすることで、借り入れ先が増えます。さらには借金が膨らんで一社からは新たに多額のお金を借りれなくなってくると、数社に分けて借り入れをすることで、さらに借り入れ先が増えていくのです。

多重債務を放置すると、どんどん借金が増えてしまい、ますます完済するのが厳しい状況になっていきます。

そのため、借金の返済に回すお金を用意できず、返済に困っているときには、一人で悩みを抱え込んでいるのは危険ですので、早めに弁護士などの専門家に相談するのがおすすめです。

多重債務のリスク

多重債務になるといくつものリスクを抱えることになります。

まず、複数の貸金業者から借りている状況では、月々の返済額の半分ほどが利息となるケースが多く、借金がなかなか減らない状況に陥るリスクが高いです。

借り入れ額が増えるにつれて、収入に占める返済額の割合が高くなるため、生活が苦しくなることも考えられます。

また、複数の貸金業者から借金をしていると、会社ごとに金利や返済日、返済額が異なることが多く、管理がしにくくなってきます。月に複数回の返済日があるため、日々借金のことを考えている状況になるなど、精神的に追い詰められやすいです。

返済日や返済額をきちんと把握できなくなり、滞納して遅延損害金が発生しまうと、ますます借金が増えてしまいます。

そして、滞納してしまうと、電話や郵送による書面で督促される状況となり、ストレスを感じることが考えられます。複数の貸金業者から借金をしていると、それぞれから連絡が来ることで、頻繁に督促が行われます。

精神的に追い込まれやすい状況になるだけではなく、家族や友人など身近な人に借金のことを知られるリスクも高まるでしょう。

さらに多重債務によって滞納している状態を放置していると、最終的にはお金を貸している貸金業者などの債権者から裁判を起こされ、給料や財産を差し押さえられてしまうというリスクもあります。

多重債務に陥る原因

では、どういった人が多重債務に陥りやすいのでしょうか。

多重債務に陥る原因の多くは特別なものではなく、生活苦によるケースが多くを占めています。

また、クレジットカードのショッピングのリボ払いやキャッシングは利用しやすいですが、複数のクレジットカードを所有していることにも、多重債務を招く原因が潜んでいます。

借り入れで生活費の補填を繰り返す

多重債務に陥る原因というと、ギャンブルやショッピングなどの浪費が思い浮かぶかもしれません。あるいは、お金にだらしない人が多重債務に陥るイメージを持ちがちです。

しかし、ギャンブルや浪費とは縁遠いごく一般的な生活を送っている人が、多重債務に陥ることは少なくありません。

2019年に金融庁と消費者庁、厚生労働省自殺対策推進室、法務省が合同でまとめた「多重債務者対策をめぐる現状及び施策の動向」には、財務局などに寄せられた多重債務に関する相談に関するデータが掲載されています。

それによると、相談者が借金をしたきっかけで最も多いのは、「低収入・収入の減少」の2,131件です。次いで多いのは「商品・サービス購入」ですが、「低収入・収入の減少」の半数ほどの1,147件となっています。「ギャンブル等」は335件、「その他遊興費」は201件に過ぎません。

データからは低収入や収入の減少によって、生活費や教育費が足りなくなり、不足分を補填するために借金を重ねていくうちに、多重債務に陥った人が多いことがうかがえます。

収入の減少は誰にでも起こりうることであり、貯蓄をして万が一に備えておくとともに、借金をする前に収入に見合った生活にするように、お金の使い方を見直すことが大切です。

複数のクレジットカードを所有している

複数のクレジットカードを持っていることも、多重債務に陥る原因になりがちです。消費者金融で借金をするのと比較して、クレジットカードでのリボ払いによるショッピングやキャッシングの利用は、抵抗感が感じられにくい傾向があります。

特にクレジットカードによるショッピングの支払いは、リボ払いが選択しやすい仕組みが設けられています。

クレジットカードでの支払いでリボ払いにするには、店頭でリボ払いと伝える方法のほか、クレジットカード会社に1回払いで指定した分もリボ払いになるように登録しておく「登録型」や、すべての支払い方法がリボ払いになる「リボ専用カード」を使うといった方法もあります。

また、1回払いで指定した分を後からリボ払いにする「あとからリボ」を利用することも可能です。

いずれも、クレジットカードの利用時に家族や友人が一緒であっても、リボ払いを選択したことを知られずに済みます。

しかし、実際のところでは、クレジットカードのリボ払いによるショッピングもキャッシングの利用も、手数料として利息が発生するという点では、消費者金融からお金を借りているのと変わりません。

複数のクレジットカードを利用していて、それぞれの利用限度額いっぱいまで利用していくと、多重債務に陥ってしまいます。

多重債務者の末路の生活

多重債務者が借金を抱えた状況を放置してしまうと、どのような状況に追い込まれてしまうのでしょうか。

多重債務から脱するための解決策を講じないでいると、毎日、督促に悩まされたり、借金の全体像がつかめなくなってますすます追い込まれていったりするという末路を迎えることが懸念されます。

具体的に多重債務者の身に起こることについてみていきましょう。

毎日督促が来るようになる

多重債務者になって借金の返済が滞ってしまうと、毎日のように貸金業者から督促が来るような状況になります。

複数の会社からの借り入れを滞納していると、それぞれの貸金業者から連絡が来るため、1社からの借り入れを滞納している場合と比較して、2社なら2倍、3社なら3倍といった頻度で督促の連絡が来るためです。毎日督促が来るような状況では、ストレスによって精神的に追い込まれることが考えられます。

一般的な消費者金融の督促の流れをみていくと、初めのうちは携帯電話に督促の連絡がきますが、電話を放置していると、自宅や職場にまで電話がかかってくるのが一般的です。

職場への電話は社名を伏せて個人名によるものであっても、次第に怪しまれることで会社に居づらくなり、仕事を辞めてしまって、さらに借金の返済が困難な状況になってしまうケースもあります。

また、督促の電話に出なかったり、滞納が続いていたりすると、自宅に督促状が送られてきます。

家族に借金のことを内緒にしているケースでは、督促状が知られてしまう原因になりやすいです。また、督促状が来ても返済に応じないと、自宅を訪問するケースもあり、ますます家族に隠すのは難しくなります。

全体の借金額がわからなくなる

借金の借り入れ先が増えるにつれて、借金の総額がわかりにくくなり、どの貸金業者からいくら借りていて返済日はいつなのか、正確に把握するのが難しくなっていきます。すると、督促されたところから返済するような状況に陥り、利息のほかに遅延損害金も発生する状況になってしまいます。

そうなってしまうと、ますます、借金の借り入れ額の総額、月々の返済額に占める利息や遅延損害金の割合を把握するのが難しくなり、借金の全体像がつかめないという状況に陥りかねません。

たとえば、A社からの借金をB社からの借り入れで返済していても、利息や遅延損害金の分しかほとんど返せていない状況では、借金は減るどころか、さらに増えてしまいます。こうして借金を返しても減らないという、更なる借金地獄に追い込まれてしまうのです。

しかし、正規の貸金業者から借りられるお金には限界があります。多重債務の状態で返済が滞ったり、総量制限による年収の3分の1に借り入れ総額が達してしまったりすると、正規の貸金業者からは新たな借り入れができなくなります。

そこで、違法な貸金業者のいわゆる「闇金」からお金を借りてしまうと、違法な高金利での貸し付けられてしまい、悪質な取り立てが行われることも危惧されます。

多重債務を解決する方法

多重債務を解決する主な方法として、おまとめローンの利用と債務整理を行う方法が挙げられます。

おまとめローンは借り入れ先を一本化して完済を目指す方法であり、債務整理は返済が難しい借金の減額や免除を認めてもらう方法です。

おまとめローンで借り入れ先を1本にする

おまとめローンは複数の借り入れ先からの借金を一つの借り入れ先にまとめて、借金を一本化するローンです。通常は銀行のおまとめローンを利用します。

銀行のおまとめローンを利用すると、これまでより低い金利となることが多いことや、借金を一本化することで月々の返済額を減らせることがメリットです。

金利が下がったことで利息の支払いが減って、返済総額が減ることもあります。また、返済日が月に1回となるため、管理がしやすいこともメリットに挙げられます。

ただし、銀行のおまとめローンは消費者金融よりも審査が厳しい傾向があります。

4箇所以上から借り入れているケース、あるいは延滞や滞納をしたことがあるケースでは審査に通りにくいため、多重債務者にはハードルが高いことが考えられます。

また、借金はそのまま残るため、月々の返済額を減らして返済期間を長くすると、完済までの期間が長くなるとともに、返済総額が増える可能性があることがデメリットです。

債務整理で法的に借金を減額・免除する

債務整理とは、借金の減額や免除を行うことで多重債務者など返済できない借金に苦しんでいる人を救済する方法です。

債務整理には、任意整理と個人再生、自己破産の3種類があり、弁護士などの専門家に手続きを依頼するのが一般的です。

債務整理に共通するメリットとして、合法的に借金の減額や免除を受けられる可能性があることや、弁護士に依頼した時点から一旦、貸金業者からの督促がストップすることが挙げられます。

一方で、手続きには費用がかかることや、数年間は新たな借り入れができなくなることが、債務整理の共通したデメリットです。

任意整理

任意整理は裁判所が関与しない手続きで、直接、貸金業者と交渉を行い、借金の減額や利息の見直しを求める方法です。

任意整理では、主に将来の利息の免除が行われることで、返済額を減らせる可能性がありますが、大幅に借金を減らすのは難しいです。

また、任意整理ができるのは安定した収入が見込める人に限られます。一方で、家族や職場に知られないように手続きを進めやすく、自宅などの財産を手放す必要もありません。

個人再生

個人再生は裁判所に再生計画を認可してもらい、借金を1/5~1/10程度に減額して、3~5年間で返済していく手続きです。

一定の条件を満たしていれば、自宅を手放さずに済みます。個人再生は借金を大幅に減らすことができるため、任意整理では返済が厳しいケースに向いています。

ただし、個人再生ができるのも安定した収入が見込めることが条件です。

自己破産

自己破産は借金の返済ができないことを裁判所に認めてもらい、借金が免除される手続きです。

自己破産を行うと財産を清算することになるため、住宅や車といった資産は失う可能性が高いです。また、自己破産を家族に知られずに行うのは難しいです。

また弁護士など特定の資格を必要とする職業には、一定期間は就くことができません。自己破産は安定した収入がないなど、今後、借金を返済するのが難しい場合にとられる方法です。

まとめ

多重債務に陥ると、借金の総額などの全体像をつかみにくくなりますが、まずは借り入れ先ごとに借り入れ額や金利、返済日、月々の返済額などを調べて、状況を把握することが大切です。

多重債務で返済が難しい状況をそのままにしておく期間が長いほど、借金の状況が悪化することが懸念されます。

借金の状況を調べてもわからないことがあったり、返済が厳しく悩んでいたりするときは、公的機関や弁護士事務所などの多重債務の無料相談を利用してみましょう。

「借金返済.com」がおすすめする事務所

弁護士法人きわみ事務所

弁護士法人きわみ事務所 増山晋哉

月4,000件の相談実績!過払金の回収実績は7億円にも!

実力のある法律事務所の特徴とは、交渉力があり、依頼者を徹底サポートできる十分な人員がいて、安心して任せられる仕組みがあること。
その特徴をしっかりとおさえた事務所こそ弁護士法人きわみ事務所。圧倒的な実力で借金の相談実績が月4,000件!累計の過払い金回収金額は累計7億円!
過払い金請求に必要な経験に基づいた知識と圧倒的な交渉力で、多くの過払い金を取り戻すお手伝いをしてくれます。

司法書士法人さくら事務所

司法書士法人さくら事務所 坂本孝文

お客様の気持ちを最優先に考えた親身なサポート!

過払い金請求・債務整理など借金問題にお悩みの方はひとりで抱え込んでしまう方がほとんど。
司法書士法人さくら事務所なら、家族にバレたくない、誰にも相談できない、など不安なお客様の気持ちを受け止め、お客様の要望を最優先に考え業務をおこなっているため、安心してすべてお話しできます。
さまざまな悩みを抱えたお客様の相談をお聞きし、解決のためにサポートをしてきたさくら事務所だから、気軽に相談が可能です。

司法書士法人杉山事務所

司法書士法人杉山事務所 杉山一穂

着手金0円で過払い金が戻ってくる!

書店で最も売れているビジネス週刊誌といわれている「週刊ダイヤモンド誌」でも取り上げられた司法書士事務所!消費者金融が恐れる司法書士NO.1と評されるほどの実力。
紹介事務所は東京、大阪、名古屋、福岡、広島、岡山、仙台、札幌など全国に8ヶ所あり、無料で出張相談も行っています。メール相談のみの利用もOKだから、過払い金があるかどうか、気軽に相談できます。